×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グルコース計GF501

グルコースの濃度を測定できるポータブル測定器。酵素センサーによりグルコースを選択的に測定します。

 

センサー部分に直接溶液をかけるだけで、6秒で簡単に測定できます。

 

センサー部分が折りたためる小型設計なので携帯にも便利。

 

GF501の特長

センサー部に直接溶液をかけるだけで、簡単に溶液中のグルコース濃度を測定できます。

 

 

測定時間は、わずか6秒
最小0.001%単位で表示可能。

 

 

 

商品コード GF-501-H
表示方式 LCDデジタル方式
測定対象・項目 溶液中のグルコース濃度
測定方式 酵素電極法
測定時間 6秒
測定範囲 0.000〜1.000%(最小表示0.001%)
保存温度範囲(未使用) 5〜40℃
輸送温度範囲 −10〜50℃
電 源 コイン形リチウム電池(CR2032)×1個
消費電流 DC 3V,最大6 mA(測定時)
電池寿命 約180日間(1日3回測定の場合)
本体寸法 138W×58D×22H mm(本体のみ)
本体質量 約80 g(電池を含まず)

センサーカートリッジ

GF501用センサーカートリッジ

1本のセンサーで200回測定した場合、コストは1回あたり60円〜120円

 

 

エタノールを含有する溶液を測定する場合は、こちらの専用カートリッジを使用します。

 

 

センサー部分が折りたためる小型設計なので携帯にも便利。

 

 

販売は、タニタ公式ページにてお買い求め頂くのが宜しいと思います。

 

その際は、忘れずに、カートリッジも合わせてお求めください。

 

タニタグルコース濃度測定訪問者の方が割安な値段でお買い物が出来るようにするため楽天などでポイントの有無を調べ、まとめました。タニタグルコース濃度測定のCMを情報ネタとしてまとめを調べ、デメリット等を伝わりやすくまとめていきます。その他、タニタグルコース濃度測定の、動画サイトからも調査します。